石のこばやし

歴史ある吉備の里が見渡せる倉敷・中庄エリア
墓じまいも安心!永代供養3万円より
永代にわたって日々のご供養と管理をおこないます。

「永代供養」は、永代にわたってご供養と管理を行います。
お墓がない方、後継ぎが居ない方も安心しておまかせいただけます。
宗派を問わず受け承ります。

OHK『プライムニュース』で取り上げて頂きました。
RSK『地域スペシャル メッセージ』で取り上げて頂きました。
TBS『報道特集』で取り上げて頂きました。
資料請求 お問合せはこちら 資料請求 お問合せはこちら
石のこばやしはプロ卓球リーグ
岡山リベッツを応援しています
永代供養プラン1
永代供養塔に納骨袋合祀いたします。墓じまいをお考えの方、跡継ぎのいない方でも安心してお任せ頂けます。
また、霊園過去帳に記帳し、記録をとどめさせて頂きます。合祀のため、遺骨のご返還はできません。

ご契約料には、墓地使用料、墓石使用費用、永代管理費用、供養料が含まれます。

納骨当日にお持ちいただくもの

ご遺骨は、外箱もろとも風呂敷に包み、胸に抱いてご持参下さい。
※お位牌も納めて頂く事もできます。(御焚き上げ致します。)御焚き上げ費用3万円
ご遺骨は、外箱もろとも風呂敷に包み、胸に抱いてご持参下さい。
※お位牌も納めて頂く事もできます。(御焚き上げ致します。)御焚き上げ費用3万円
永代供養プラン2
納骨堂内にご遺骨をお納めしたのち33年を経過すると、
専用の永代供養塔に無料でご遺骨を移し、永代にわたってご供養いたします。
生前のお申し込みも可能です。ご夫婦など複数の生前申込みの場合は特別割引料金となります。

ご契約料には、墓地使用料、供養料、墓石使用料、期間終了後のご遺骨の供養、永代供養塔への合祀費用が含まれます。

納骨当日にお持ちいただくもの

ご遺骨は、外箱もろとも風呂敷に包み、胸に抱いてご持参下さい。
※お位牌も納めて頂く事もできます。(御焚き上げ致します。)御焚き上げ費用3万円
ご遺骨は、外箱もろとも風呂敷に包み、胸に抱いてご持参下さい。
※お位牌も納めて頂く事もできます。(御焚き上げ致します。)御焚き上げ費用3万円
ご遺骨の郵送受付
ご遺骨は、外箱に入れた状態で骨壺が破損しないように梱包していただき、
下記 必要事項を同梱の上、お送り下さい。
●埋火葬許可(証明)書 
●代表者連絡先 氏名・ご住所・電話番号 
●故人の氏名/死亡年月日/年齢/法名(戒名)

納骨後にはお写真を郵送させて頂きます。

中央平和霊園 歴史ある吉備の平野を眼下に緑に囲まれた心安らぐ霊園です。
アクセス:JR山陽本線中庄駅より車で約13分・JR山陽本線庭瀬駅より車で約16分
平和霊園内:〒701-0104岡山県倉敷市山地2405 TEL.086-441-5510 担当:関本

中央平和霊園
歴史ある吉備の平野を眼下に緑に囲まれた心安らぐ霊園です。
■アクセス■
JR山陽本線中庄駅より車で約13分・
JR山陽本線庭瀬駅より車で約16分
■平和霊園内■
〒701-0104岡山県倉敷市山地2405 
TEL.086-441-5510 担当:渡辺
お墓の管理
お墓を綺麗に保つのは、ご先祖様への気持ちです。
お墓参り、お墓掃除をお客様に代わり心を込めて掃除を行い管理致します。
お墓を末永くお参り出来るよう綺麗な状態を保ちます。
ご契約料には、墓地の清掃、草抜き、お花等お供え(年3回〈お彼岸×2、お盆前)の費用が含まれます。
墓地の清掃前と清掃後の写真を取り。お届けさせて頂きます。
その他ご希望がございましたらお気軽にご相談下さい。
遠方でお墓参りに行けない。掃除が出来ないなど、お困りの事がございましたらご相談下さい。
「石のこばやし」は、厄除け総本山由加神社本宮指定石材店です。
「石のこばやし」は、
厄除け総本山由加神社本宮指定石材店です。
由加神社本宮
日本三大権現の一つ、また厄除けの総本山として知られる由加山 由加神社本宮は 二千有余年の歴史を持つ神仏混淆のお山です。
その昔、磐座信仰(巨岩をご神体)と唱え近郊の人々の守護神として崇められ、 その後七三三年(天平五年)に行基菩薩が十一面観音を祀り、併せて神仏混淆の霊山として崇拝されてきました。
桓武天皇の代以来、朝廷の祈願所として繁栄し、拝殿には菊花ご紋章を拝受しております。江戸時代中期には備前藩主池田侯の祈願所として当権現・由加大神様への信仰は篤く正月・五月・九月には藩主自らご参拝になられておりました。
(その時ご参拝になられた建物が由加神社本宮ご本殿です)
また、「ゆがさん・こんぴらさん両参り」と云われ、両社をお参りすればご利益が沢山頂けるという「両参り」の風習が広がり、今も全国津々浦々から信仰されております。過去の歴史などから見ても由加の権現様・大神様は「有求必應」“求めが有れば必ず應じて下さる神様”として、参拝者祈願者が後を絶たないのが現状です。
↑ページTOP